So-net無料ブログ作成

WELLY 1/18 VW T1 1950 [ミニカー]

Scan.jpg

今回もドイツ車。
今更ですが、旧ビートルです。

旧ビートルと言えば、私もかれこれ26年前くらいに乗ってて、7~8年乗ったんじゃないかな?
最初は67年式でカスタムされたヤツに載ってて、すぐに上の写真にある64年式に乗り換えたんですわ。
67ビートルはノーマルエンジン(とは言えT3の1600ccに換装されてた)だったけど、64ビートルは2000ccクラスのバリバリチューンナップエンジンだった。ツインウェーバーを2基積んでた。
この頃、ビートルのエンジンチューンナップは普通のことだったが、この車に関してはどうもかなり昔、東京か横浜あたりでイジられたらしく、まだビートルのエンジンチューン黎明期だったじゃないかと推測する。
入手した時は白く塗装され、社外品のラグトップ、オートメーターのタコ、ワンテールがついていた。
また、この個体はヤナセモノのディーラー車であった。元々はダブルバンパーだったが、ダブル部分を外されシングルに、モールも全て外されてキャルルックになってた。ホイールはメッキの鉄ホイールにホイールキャップだった。
それから上の状態にレストアした。内外装とエンジンルームを全てやり直した。
ホイールはポルシェの純正に履き替えた(鍛造でメチャメチャ軽かった)。
ステアリングやドア内側のハンドルやグローブボックスハンドルなどエンピのビンテージパーツを使った。
シフトは元々ハーストの本物(偽物が多かった)が付いてたのでそのまま使った。
社外のラグトップは破棄して屋根は他のビートルの屋根部分を移植して元に戻した。

すごく気に入ってたが、新潟市に居た時は雪も少なく維持できたが、小千谷の雪ではこの車では無理だと思い断腸の思いで売却した。


その後、この車を他の方が購入し、何回か見かけたこともあったが、今はどうなってるんだろう?
ポルシェの純正ホイールを外し、エンピBRMホイールのレプリカを履いていたがwまぁ、それも有りだが、あのポルシェホイールのよさがわからんとは・・・フロントの4.5Jはレアなのに~w

前に乗ってた67ビートルは他の方に売ってからすぐにスクラップ然になってるのを見てるだけに、この64がそうなってないことを祈るばかりだ。売っておいて勝手なことを言うがw













つーことで、今回はウィリーさんとこのビートルです。
それもスプリットウィンドゥのビートルとはびっくりしたなぁもう←


DSC_0043.jpg
ウィリーさんは低価格のミニカーですが、低価格の割には出来がいいので人気ありそうです。


DSC_0044.jpg
ちゃんと実物と同じように蝶番状のヒンジで可動するドア。
このくらい低価格ミニカーだと外側にバーンと出るドッグレッグアームのヒンジが一般的だが、これだけでも頑張った感がある。
このへんはマテルとかホント見習って欲しい。
最近出たハービーもめっちゃ高いくせにビートルのドアヒンジを再現してない。
エリートとか言って笑わせるぜ。



DSC_0045.jpg
内装もまぁ、プラスチッキーなのは致し方ない。
でもグローブボックスやメーターボックスのモールがちゃんとメッキになってるのは偉い。


DSC_0047.jpg
この頃のテールランプは中央の1個だけなんだよね確か。
左右のはリフレクター。
ウィンカーはドアのセンターピラーにあるセマフォーというバーがピョコっと飛び出して方向指示器になる。


DSC_0048.jpg
エンジンもわりと良く再現されてる。
エンジンフードが半分しか上がらないのは致し方なしか。


DSC_0049.jpg
ホイールやタイヤの雰囲気もいい感じだ。


DSC_0050.jpg
ヘッドライトのレンズなども予想してたよりかなりよい感じになってる。
フロントウィンドウは実際はもうちょっと角が丸く面積も狭いと思う。
私の乗ってた64くらいだとこのくらいの広さのフロントウィンドウだ。
ビートルのウィンドウは年式によって広さが違う。
興味のない人には同じに見えると思うがw
59年くらいに(オーバルからスクエアに変わるとき)前後のウィンドウが広くなる。
65年には全てのウィンドウが更に広くなってるのだ。
タミヤから出てる旧ビートルのプラモは65年式なので全てのウィンドウが広くなってるバージョンってのが残念だ。
やはりウィンドウは狭いほうが通には好まれる・・・かな?w
ウィンドウが狭いほうがビートルの丸っこさがより強調されるので、見た目が全然違って見えるんですよ。


DSC_0052.jpg
DSC_0053.jpg
しかもサスペンションは可動式です。
いやー、ウィリー侮れませんな。

今のところ、ビートルのミニカーではオートアートのがベストではありますが、オートアートの1/3~1/4の価格で買えるこのウィリーのビートルもかなりイイ線行ってると思います。
オートアートはオーバルウィンドウだし、これはスプリットウィンドゥなので、両方あればベターですよね。
あとは59~64のスクエアウィンドウと、マニア受けする'67ビートルが出てくれれば言うこと無し!






Scan2.jpg
もう、この写真も21年前になるのねw
パトリックのスニーカーが時代を感じるなw
この子ももう今年で24ですよw
時が経つのは早い。早すぎる・・・









nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0